Top > 電報を結婚式場に送る

電報を結婚式場に送る

電報は、結婚式・披露宴に出席できないという方によく利用されています。電報を送る場合は、電報は結婚式や披露宴の会場に送りましょう。その際には、いくつかの注意点があります。

披露宴では司会者の方から電報が読み上げられるのはよくあることですが、新しいカップルに向けて寄せられて言葉は、招待客の気持ちも温かくしてくれ、サプライズにもなるので好評です。

電報を結婚式場へ送るには、届け先を式場の住所にしておくと良く、依頼した際に担当のオペレーターに話しておくとスムーズに申し込みが進みます。依頼時には、相手の氏名や届け先の住所、届けたい日時、メッセージ内容を控えた紙を準備しておくと、間違いを避けることが出来ます。

それから、宛名は新郎か新婦の名を書きますが、新婦の名前は旧姓にしておくようにしておくのがマナーとされ、差し出し人も名前をあだ名などでは申し込まないよう注意します。
また、電報を送る時期ですが、結婚式当日は避けた方が無難です。当日着くようにすると混雑さから読まれずに終わる場合もあるからです。

フラワー電報のように、電報と一緒に花束やフラワーアレンジメントが届く場合は会場の混雑を避け、前日までに届くようにして、晴れの席を盛りたてるお手伝いも出来ればより喜ばれるでしょう。

 

 高血圧の原因と対策  美肌サプリメント  葉酸の効果
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
結婚祝い電報のポイント(2009年7月 2日)
人気の結婚式用電報(2009年7月 2日)
結婚式用電報とプレゼント(2009年7月 2日)
電報を結婚式場に送る(2009年7月 2日)
結婚祝い用電報の相場(2009年7月 2日)